三日月と林とカマイタチ

あなたが考えている「ラーメン」と、一般的に考えている「手品師」は、もしかすると全く違うものかも。そう想像してみると、ちょっと不思議な感じがする。
マカロン
ナポレオン
HOME

天気の良い休日の日没に歩いてみる

ずっと昔の学生時代、なんとなく見た映画が、ビフォアーサンライズというもので、日本でのタイトルは「恋人までの距離」だ。
当時20歳くらいだったお姉さんに、「おもしろかった」と一押しだったシネマだ。
旅の帰りの電車の中で出会ったアメリカ出身のジェシーと、フランス人の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌはちょっとだけオーストリアを旅するストーリー。
この他とは違う部分は、特にこれといった問題発起だったり盛り上がりなど、あまり無い部分。
会ったばかりという男女は、愛すること、そして、世間についてひたむきにぶつけ合う。
当時中学校2年生の私は、分からないことが多く、幼く、退屈しながら見た作品だった。
しかし、先日、たまたまツタヤで見つけて、昔見たなと思い借りて再び見たところ大いに感銘を受けた。
中でも、レコード屋でKATH BLOOMのCOME HEREを聞きながら、無意識に見詰め合ってしまうところ。
2人の帰国がやってきて、要は、別れ際、エンドを迎える。
その時期はぴんと来なかったこの内容、期間をおいて見てみると、前回より違った見方になるのだろう。
その感覚を味わった後、ケイス・ブルームのカムヒアが入ったCDを、ツタヤより探し、聞きたい。

涼しい月曜の晩に窓から
5年前から、鹿児島に住んで大型台風をものすごく気にすることになった。
風の被害が全く違うからだ。
大分に住んでいたことも千葉に住んでいたこともあるのだけれど、台風の強風が全然違う。
サッカーのゴールポストが動いていくと聞いたときは、オーバーだと思ったが、本当だった。
大型台風が通過した後は、ヤシや大きな木は倒れ、海沿いの道路は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の家や旅館では、車両のガラスが割れたり、家のガラスが割れ、風が入って天井が飛んだりと本当かと考えていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすっただけでも風はめっちゃ強く、古い民家にいると家の揺れてきしむ音が大変心配してしまう。

蒸し暑い週末の夜は食事を

セミも鳴かなくなった夏の日の晩。
少年は縁側に座り、西瓜を食べていた。
スイカをかじってはタネを庭に向かって吐き出していると、ときには種が飛ばずに、自分のお腹や胸に落ちたりしていた。
横に置いている蚊取り線香の香りと、風の吹かない暑い夜、それからスイカの味。
少年はそれらを堪能しつつ、この夏これからどんなことして遊ぼうか、と夜空を見上げた。

騒がしくダンスする先生と擦り切れたミサンガ
このところ、おなかのぜい肉を筋肉にと思い毎晩、筋トレをしている。
子供を俺のお腹にしがみつかせて回数を声を出し数えながら筋トレを行っていたら、わが子との遊びにもなって、子供も一から数を暗記するし、自らの横腹の脂肪も減少するし、良いことばかりだと思っていたけれど、はじめのうちは、真似して数を言っていたわが子もすぐにあきて動いてやらなくなってしまった。

泣きながら跳ねる子供と暑い日差し

ここまでネットが必需品になるとは、小学生だった自分には全く想像できていなかった。
物を扱う会社はこれから先競争化が進むのではないかと思う。
PCを使って、どこより安い物を見つけ出すことが可能だから。
競争が進んだところでここ最近で見れるようになったのが起業セミナーや商材販売だ。
今は、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

悲しそうに話す先生と季節はずれの雪
見とれるくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
実は一回だけ出会いました。
バス内で20代後半くらいの女性。
女性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいスキンケアをしているか、という本人の努力もあると思います。
しかし、本人からにじみ出るオーラは多分存在しますよね。
この世界には素敵な人がたくさんいらっしゃるんだなーと感じました。

息絶え絶えで口笛を吹く君と花粉症

取り掛かったら、完璧に仕上がるまで時間がかかるものは、世の中に多く存在している。
代名詞は、他言語ではないかと思う。
しかし、韓国語だけは例外で、日本語と同じく、SVOで、実は発音がそっくりなので、身になりやすいそうだ。
しばらく韓国語を学んだ友人曰く、英語より割と身に付きやすいのでお勧めだよとのこと。
ほんの少し憧れたけれどあのハングルは暗号にしか見えない。

気持ち良さそうに走る姉妹とオレ
人々のほとんどが水という研究結果もあるので、水分は人々の基礎です。
水分補給を欠かすことなく、皆が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。
きらめく光の中より蝉の鳴き声が耳に入るとこの頃、いつもそんなに出かけないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策について気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のケアは夏が過ぎた頃に出るといいますので、どうしても気にかけてしまう所ですね。
やはり、誰もが気を使っているのが水分摂取に関してです。
まして、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、この時期はちょっと例外かもしれません。
なぜかというと、たくさん汗をかいて、気付かない間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自分の調子も関係するかもしれません。
ともすれば、自分自身が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
夏の時期の水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても言い過ぎではないかもしれません。
短時間だけ外へ出る時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があれば非常に経済的です。
人々のほとんどが水という研究結果もあるので、水分は人々の基礎です。
水分補給を欠かすことなく、皆が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。

風の無い休日の朝に食事を

太宰治の、「斜陽」は、休憩なしで読みたくなると思う。
かつては良い所の娘だったかず子が、誰にも引かない女性に変身する。
読むにつれてカッコイイと思ってしまった自分。
この人のように、誰にも恐れない行動力と、意見を押し通す意志が戦後は必須であったのかもしれない。
分かるけれど、不倫相手の小説家の家内からすると迷惑だろうと思える。

怒って体操する兄弟と飛行機雲
けっこう縫物の為の生地はばかにならない。
自分の子供が園に入るので、きんちゃく袋のようなものが持っていかなくてはならないだけれど、けっこう縫物用の布が安い物がなかった。
ことに、アニメのキャラクターものの布なんて、大変高い。
アンパンマンやキティーちゃんの生地がとても価格が高かった。
使う形ののかばんがわりのものをどこかで購入するのが早いし、簡単だけど、田舎なので、園に持って行っている人は皆、手作りだし、周りに販売していない。

道

Copyright (C) 2015 三日月と林とカマイタチ All Rights Reserved.